カテゴリー「G1予想」の11件の記事

【石兵八陣】秋華賞

ジェンティル3冠の是非といった今年の秋華賞ですか・・・。

前哨戦のトライアルではモノサシ的に、春ほど目を見張る数字は出ていない模様。かといって、今年の夏以降の3歳勢の勝ち上がりはなかなか目を見張るものが・・・。
例年だと古馬対戦組から穴馬を見ていくのですが今年はトライアルから見てみたい。
・・・と思ったら、このG1で面白い馬が引っ掛かりました。
おきに馬です。
同距離バスター臨戦の◎3ブリッジクライム。
秋華賞ですので、そもそも騎手力は問わないレースだし、紫苑Sは内不利受けながらも2着に割り込む競馬。ストレスは気になるところだが、勝ち切ったわけでもないし、リズム絶好。あとは能力たるか。
JRDBの位置取りシート的にも今の京都で内目の1番手拾えているのも心強い。
というわけで、
◎3ブリッジクライム
○10ハナズゴール
▲14ジェンティル
★1ヴィルシーナ
△2アロマリッチ
◎→馬連流し
◎1頭軸3連複ボックス
◎○ワイド
○▲馬連
春から能力の片鱗見せる○10ハナズゴールは、加藤厩舎じゃなきゃもっと勝ててるんじゃないかという気もする。2強に一矢報いる素材ではあると思うのだが。

【石兵八陣】宝塚記念

  • 阪神11 宝塚記念
    ◎4マウントシャスタ
    ○7ルーラーシップ
    ▲1ウインバリアシオン
    注2ショウナンマイティ


    オルフェーブルはリズム崩したC系。そんな評価で1人気とはいえ3倍台。
    他の馬に至っても一長一短。

    それならばいっそ異端馬狙いが王道の予想だろう。

    斤量のメリットある3歳馬◎4マウントシャスタはマイルC負けて失格だが、白百合Sでしっかり勝ちきり。
    今年の3歳勢はモノサシ的にレベルが高いので5キロの斤量差は勝負になる。

    相手も香港帰りの○7ルーラーシップ。上がりの競馬なら▲1ウインバリアシオン、古馬初G1注2ショウナンマイティ。

    ◎単勝複勝
    ◎→○▲注 馬連流し・3連複流し

  • 【石兵八陣】日本ダービー

  • 東京10 日本ダービー

    ◎8ワールドエース
    ○14トーセンホマレボシ
    ▲6ゴールドシップ
    △1,2,11

    今年の3歳世代はかなりレベルが高いと思われ、ある程度モノサシが必要。最低でも準OPも勝てる数字は欲しいところだし、キャリアで準OP勝ちできる数字が出てない馬は用無しとフィルタリングする。

    そこで残ったのが上記の馬。

    皐月賞連対馬はレベルが高いので、消すのは困難。だが、上がりかかった皐月賞に比べ、府中は上がり問われるコース。ならば◎8ワールドエースの逆転に期待。

    展開的にも先行勢少なくペースは落ち着きそうで、展開は◎8ワールドエースに向く。▲6ゴールドシップはイン有利になりやすいダービーウイークをどれだけ活かせるかが鍵になりそう。

    一方、上がり向きの有力馬が揃ったので逆に先行勢が手薄。
    スロー好位なら、別路線でもある○14トーセンホマレボシの粘りこみに期待。鞍上の神様も魅力。

    ◎○馬連

    3連単フォメ(15点)
    1着:8,6
    2着:8,14,6
    3着:14,6,1,2,11

  • 【石兵八陣】オークス


  • 東京11 オークス
    ◎10ハナズコール
    ○1アイムユアーズ
    ▲14ジェルティルドンナ
    注9ヴィルシーナ

    東京2400で桜花賞が平均ペースでの決着だったこと踏まえると、スロー上がり勝負想定。

    脚元良化前提に◎10ハナズコール本命。
    NHKマイルCは直前の大雨と鉄橋鉄で末封じられる展開ながら、割とがんばった内容。今回牝馬限定に戻りダウンの流れになる上に、チューリップ賞のレベルも高かった。

    相手は展開的に今回はおきにで挙がったように、前で競馬できそうな○1アイムユアーズ、桜花賞連対の▲14ジェツティルドンナ、注9ヴィルシーナ。今年の桜花賞連対馬は走れる臨戦ではある。

    ◎単勝
    ◎→○▲注馬連3連複流し

  • 【石兵八陣】NHKマイルC

  • 東京11 NHKマイルC

    ◎7ハナズゴール
    ○8マウントシャスタ
    ▲5カレンブラックヒル
    注10ブライトライン

    今年はいつになくモノサシ的なレベルが高いシーズンなのか、今年の皐月賞も戦前から古馬準OP勝ちクラスだった馬のワンツー。
    例年、このレベルにある馬はよほどの疲労がなければ連は堅いだけに、この世代の今後は気になるところ。


    このレースでもレベル高い馬が4頭出走。

    あとは展開読みだが、これまでの天候の影響もあって差し競馬だった前哨戦が多く、先行勢不足。
    力の差で▲5カレンブラックヒルの逃げもあるが、ペースは自然と速くはならないだろうし、東京なら上がり勝負。


    4頭で上がり勝負なら4枠2頭。
    ◎7ハナズゴールは厩舎不安だが、今季は同馬の活躍か調子上向き。牝馬なので別路線なのは当然、チューリップ賞のレベルも申し分なし。

    ○8マウントシャスタの前走はお約束の毎日杯。毎日杯もタフな競馬だったが2着に踏ん張った流れはディープ産駒として◎だろう。

    ▲5カレンも地力と展開から切りにくい。注10ブライトラインは2走前優秀。タフな流れなら▲注の組み合わせで。

    ◎馬連流し
    ○▲、▲注 馬連
    ◎○▲注3連複

  • 【石兵八陣】天皇賞・春


  • 京都11天皇賞春
    ◎6ゴールデンバインド
    ○18オルフェーブル
    ▲8ギュスターヴクライ

    きょうのおきに馬でもあがったように、○18オルフェーブルは能力的にも大崩れはないが、懸念はやっぱり大外からの制御不能状態。出遅れ気味から最後方内追走のながれになったら万全だろうが、スタート抜群すぎると裏目の可能性も。

    また、後ろ掛かりな展開だろうからチャンスがあるのはやはり前。

    ◎6ゴールデンバインドは逃げられなかった逃げ馬でいいタイプ。メンバー的にも逃げる気があれば逃げられるタイプ。心配なのは鞍上だが、意外に距離が延びて実績を残しているタイプ。彼自身のイメージも万葉Sだろうから、そこに期待したい。

    ▲8ギュスターヴクライは4~5歳勢の上がり適性の高い馬で最内の馬。終わってみたら、前走勝ちは伊達じゃない!ということも十分あるし、初G1の鮮度も好感。

    ◎単勝
    ○⇒◎▲馬連流し
    ◎⇒○▲ワイド流し
    ◎○▲3連複


  • 【石兵八陣】高松宮記念

  • 中京11 髙松宮記念
    ◎4レジェトウショウ
    ○1ロードカナロア
    ▲9エイシンダックマン

    無事トイボックスが走ってくれたので(≖ ‿ ≖)✧

    さて、G1なのでまずは異端馬探しから。初G1の馬は・・・と探していくと意外に今年は初G1組が大挙出走ということに気づく。

    純粋な別路線馬ということだと、前走準OP勝ちだった3アグネスと11ゴスペルと◎4レジェトウショウ。
    初G1の鮮度が活かせない状況なので、リズムの懸念はあるが、マイル→マイル→1200の流れの王道短縮のドベ人気◎4レジェトウショウで遊んでみる。

    前走東風Sは前残りの競馬で展開的に仕方なかったし、そんな中でも上がりは最速だったのは収穫。ある程度の位置にいないと届かない可能性はあるが、この人気なら複でも十分。

    重賞鮮度が必要ない状況なら連荘期の○1ロードカナリアは切りづらいし、逃げ候補▲9エーシンダックマンも回復傾向のある読みづらい馬場状況なら逃げ馬は常に怖い存在で、前走の内容からも前有利の展開になると残れる可能性は高い。

    ◎単勝複勝
    ◎○▲馬連ボックス・3連複


  • 中山11 マーチS(おまけ)
    ◎13シルクシュナイダー
    ○11サイレントメロディ

    前走リズム良かった割に勝ちきれなかった◎13シルクをもう一度。

    相手は上がり・モノサシともに上位の○11サイレント。

    ◎単勝・馬連

  • 【石兵八陣】有馬記念

  • 有馬記念
    ◎9オルフェーブル
    ○3ヒルノダムール
    ▲13レッドデイヴィス
    注10トーセンジョーダン

    古馬揃いの中ではやはり3冠馬◎9オルフェーブルが鮮度的にも、能力面でも申し分ない。基本相手探し。JC2戦目という有力馬が多く、そのほとんどが昨年より着順を下げているのはちょっと気になるところ。ブエナビスタは実質連覇の形だが鮮度+加齢した状況、前走JCの直線でのパフォーマンスからして反動が出てもおかしくないだけに。

    相手筆頭には凱旋門賞戻りの○3ヒルノダムールは鮮度重要なマンハッタンカフェ産駒。昨年のP馬である▲13レッドデイヴィスも3歳でかつ春は実質最強馬?といわれていた馬。別路線馬には必要条件となる勢い、つまり前走鳴尾記念できっちり勝ちきったのは大きくここでも。本当なら切りたい注10トーセンジョーダンも年齢の割に鮮度が高いのと、リズムの良さから消しづらい。

    ◎馬連流し
    ◎1着軸3連単流し

  • 【石兵八陣】朝日杯FS

    あちゃーつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

    小倉7、中山8ともともに◎3着まで。こりゃぁ・・・


  • 朝日杯FS
    ◎3アルフレード
    ○2ローレルブレット
    ▲14ヒシワイルド

    シンボリクリスエスだが、産駒は意外に格上げの鮮度あれば内差しできる馬が多い。おそらく鮮度が重要なんだろう。ということで他に肝になる馬もないので、おきに馬の◎3アルフレードから。
    相手は内枠から○2ローレルブレッド、鞍上ルメール+外枠で位置取りしてきそうな▲14ヒシワイルド。

    ◎馬連流し・◎○ワイド

  • 【石兵八陣】阪神JF

  • 阪神JF

    ◎16エピセアローム
    ○15トーセンベニザクラ
    ▲13ジョワドヴィーヴル


    もはやバレバレの感があるとはいえ、外せないのはマイル以上での実績。これでフィルターをかけてからの絞込み作業。

    本命は休み明けになるが◎16エピセアローム。初戦接戦負けした相手はデイリー杯2着馬だし、同馬は小倉チャンプに。その小倉2歳Sがモノサシ的に優秀で古馬1000万でも通用するレベルだった。2歳戦なら古馬1000万級の力の実績があれば、上位に食い込むのは間違いない。

    ◎単勝馬連流し

  • より以前の記事一覧

    その他のカテゴリー

    twitterやってます