« 2010年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

【予想なう】宝塚記念と夏至S

  • 阪神11 宝塚記念

  • ◎14トゥザグローリー
    ○9ローズキングダム
    ▲16ビートブラック

    ルーラーシップは戦歴からだと交互タイプ。まして前走出遅れからの捲り勝ちの内容と今走内枠踏まえるとバツの番?前走重賞以下組の勝ち馬は同馬だけで他は勢い的にどうかというのもある。ブエナにしてもちょっと減り続けている懸念も。

    ならば春天組からというとっかかりだが、春天もある意味特殊な流れ・展開だったため展開利あった上位馬には疑問。

    本命は◎14トゥザ。掛かり気味に逃げた背景考えれば短縮になるのはいいが、○9ローキンと大きな差はない。春天の展開という意味では▲16ビートにはあった流れだった気もするが、それで7着どまりだったというのは減点材料。ただ長距離戦の短縮は好実績だし、阪神もあう。この人気なら押さえておく手も。

    ◎○▲馬連ボックス ▲ワイド流し

  • 中山11 夏至S

  • ◎1フィフスペトル

    人気だが◎1フィフスペトルは展開指数テン+上がり上位馬に加え臨戦的にもバウンド延長で悪くない臨戦。

    ◎単勝

    【予想なう】安田記念とWIN5

    ちょうど1年たったので、なんとなくブログ予想再開。

    時間ない時はこれまでどおりツイッターでの垂れ流しか放置プレイになると思います。

  • 東京11 安田記念

  • ◎4クレバートウショウ
    ○8アパパネ
    ▲10リディル

    好調な○8アパパネは消しづらいし、牝馬G1でワンクッションとったのはストレス的にも悪くはないはず。バイアスというほどのバイアスがない東京なので難しいがうまく内を抜け出せそうな馬を狙いたい。

    ということでC系フジキセキの◎4クレバートウショウ。前走もうまく内を裁けずといったところで、最近武様も内裁きがあまりお上手ではないとどこかで聞いた気がするのが嫌ですが、前走前が詰まった不利があったのは悪くない。前発表の馬体重的にも大きな状態変化はなさそうだし、叩いて叩いてで熱してきているのもいい。

    相手は前述の○アパパネ、◎と同じ初G1という意味では別路線勝ちの▲10リディルもあるか。
    単爆で遊ぶのも一興。

    ◎▲各単勝
    ◎○▲馬連ボックス


  • WIN5
  • 阪神10>4,7
    東京10>9
    新潟11>3,4
    阪神11>6
    東京11>4,8,10

    計12点

    « 2010年5月 | トップページ | 2011年7月 »

    twitterやってます