« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

【馬王4n5】勝負は年明けじゃ!

 ちょっと遅くなりましたが、12月16日中山のひいらぎ賞(500万下・混)にレースドール(牝・クロフネ×ビスクドール・栗東池江寿厩舎)が出走。混合戦なので、もし勝ちあがれればクラシック路線でも期待できそうではあったのですが、残念ながら直線外から追いすがるも3着まで、250Pの加算に終わりました。残念。

 ただ、今開催の中山は内有利っぽいので、外から差を詰めての3着は収穫です。前2走がこれといった内容がなかったことを考えると大きな成長でしょう。牝馬限定戦なら自己条件脱出→クラシック路線も見えてきました。いや、そう信じたい…。

20061221112410

 

 また一つ残念な情報も入ってきました。デビュー近しと目されていたエーシンティーエム(牡・Agnes Tachyon×デインヒル・栗東藤原英厩舎)が、しばらく声が聞こえてこないと思っていましたら、「放牧」に出されてしまいました…。
 netkeiba.comのユーザー投稿でも、放牧原因がわからないようなのでなんともいえませんが、これもちょっと残念です。

 しかし、行く馬あれば来る馬もあり…。我が厩舎のデインヒル3羽ガラスの筆頭アドマイヤフランク(牡・Danehill×Mayaasa・栗東橋田満厩舎)がこの間無事に入厩、2回京都あたりのデビューが見えてきました。
 さらにクロフネ3人娘のスリープレスナイト(牝・クロフネ×ホワットケイティーディド・栗東橋口厩舎)は順調に調教を重ね、年明け1月7日の芝14でアンカツを鞍上に迎え、デビューのようです。師曰く、「牝馬にしてはいい馬っぷりをしている。気性もいいし、動きもなかなかいいよ」(by Gallop)とのこと。
 ただこのレース、ポヅィーくんとこの母ビハインドザマスクのシガーヴァインも同レースでデビュー予定のようで、絶対に負けられない戦いになりそうです。

 残念ながら今年の2歳戦は2頭デビューで1頭が勝ちあがりと、17人中14位(詳細はこちら)とスロースターターな年となりましたが、昨年に比べればマシです。なんせ昨年は確か4~5頭デビューして勝ちあがりなかったんですからねぇ(爆)。今年は駒もまだ残っている状態での14位ですから、これから一気に捲くりあげまっせ~。

 ただトップとは約18000ポイント差がありますが、何か?orz

【MATSURI】有馬祭開催!

 12/14~19まで【MATSURI】では『有馬祭』を開催いたします!

 今年の大トリの予想イベントとなりますので、どうぞ今回も遊びに来てやってください。

 『有馬祭』期間中は、トップページのブログの方で主催者の日替わりコラムも楽しんでいただけます。もちろん、一応主催者の端くれである@4n5も担当日にはコラムを挙げる予定です。

 

【有馬祭会場入口】

【馬王4n5】デビュー勝ちならずも、後詰が到着

 この間、ご報告しましたヴイマックス(牝・Fusaichi Pegasus×Sophorific・栗東角居厩舎)ですが、スタート後手を踏み、ダート12にも関わらず縦長の展開に泣いて直線詰めるも3着まででした。
 逃げたライバルのAKD厩舎のアクロスザスター(2着)を交わせず、後先でもポイントを刈られてしまいました(涙

 しかしながらも、縦長前残りの展開を唯一後続勢で詰めて3着という内容は評価できそうです。この新馬戦のレベルがどうだったのかは何ともいえませんが、レース内容としては近いうちに勝ちあがれそうな手応えのあるレースでした。この間未勝利勝ちしてくれたレースドールよりは内容あったと思います。

 

20061204230416

 

 さて、デインヒルがらみで名前を出していた母Matikanehamatidoriですが、週末何気にタゲ(TFJV)で坂路見ていたら、11月25日には坂路で乗り出していたようで、入厩してました。この時はまだ馬名登録はされてなかったんですが、今日チェックしたら予定通りマチカネエベッサンの名前で栗東藤岡厩舎で登録されておりました。

 また、我が厩舎のクロフネ3人娘の一人、スリープレスナイト(牝・クロフネ×ホワットケイティーディド・栗東橋口厩舎)も月末無事入厩。

 これで在厩馬も、レースドール・ヴイマックスに、デビュー間近のエーシンティーエムと5頭になります。年明けの開催にかけてデビューラッシュとなりそうなので、ようやく私のPOG生活も本格スタートというラインまで来たような気がします。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

twitterやってます