« 【旅記4n5】別府・由布院の旅~フロとメシ | トップページ | 【MATSURI】秋祭開催中! »

【旅記4n5】別府・由布院の旅~@4n5、大宰府に流される

 別府・由布院の旅もこれで最終回。

 今回は最終日のことを書いて締めたいと思います。

 いよいよ、この旅も今日でおしまい。

 今日も5時半に起きて、風呂に。しかし風呂といっても、今日は初日に下調べしておいた竹瓦温泉に向かう。本来は2日目(由布院帰りの日)の夜に行こうと思ったのだが、夜メシが遅くなって、かったるくなったので朝風呂にしようと決めたのだ。

 ちょうどこの日は九州一円に被害をもたらした例の台風上陸前日である(被害者の方にはお見舞い申し上げます)。ホテルの外に出ると夜間雨が降ったのか路面は濡れていたが、今は曇っているものの雨もあがっている。テレビでもどうやら台風上陸は翌日ということで、今日中には地元に帰れそうで、まずは安堵。

 話はそれたが、ソープ街を抜けてw竹瓦温泉に到着。営業は朝6時からで、5分ほど待ってようやく開店。朝方で肌寒かったのでちょっと腹冷えした私はトイレに駆け込みダップンダー

セーフ…(汗

20060916064954

 上の写真のように、なかなか趣のあるいでたちの外観。中に入ると大広間になっていて、右手に温泉、左手は砂湯場となっているが、残念ながら、砂湯は朝8時からなので、この時は入られなかった。

 男湯に入ると、脱衣場と湯船が同じ室内にあり、脱衣場から湯船へは階段を下りていく。私も早々にパンツを脱いで、湯船に向かう。もちろんその前に洗い場で、先ほど穢れたおしりもしっかり洗浄します。

 しっかし、この温泉が熱いこと熱いこと!

 体を洗って、温度に慣れたかと思いきや、湯に1秒も入っていられない熱さです。まだ体が冷えているのかと思い、しばらくの間かけ湯を続けていましたが、かけてもかけても一向に慣れてくる気配がありません。もう、肌がジリジリします。看板に湯温43度と書いてありましたが、絶対45度以上あるって、これ。

 それでも、折角来たのだからと意を決して、桶2つ使って消火用の水を確保し、さらに冷水に浸したタオルで股間を押さえ込みながら一気に湯に浸かります。

 

 1……、2…、3、4、5っ!

 

 まともに数えることもできずに湯船から飛び出て、消火活動です。

 でも、これって私だけじゃないんですよ。他のお客さんも、1秒入っては飛び出て、1秒入っては飛び出てという、端から見ると非常に滑稽な集団だったに違いありません。ひとりを除いては…。

 唯一ジモティらしき爺さんが風呂の奥の方でずっと入っています。よ~く目を凝らしてみると、水道の真下をキープしておりました…。しかも、場所譲る気はさらさらなし。

 そりゃ、あんたは気持ちいいでしょうよ!(怒

 余りの熱さにだんだんイライラしてきて早々に退散。大広間で嫁と合流し、女湯の方はどうだったか聞くと、おばさんが水道の側を譲ってくれて3~4分は浸かれたそうです。いいなぁ。

 

 ホテルに戻って朝食を済ませ、身支度など整えて10時に花菱ホテルをチェックアウト。またも湯布院に向かう。というのは、帰りは博多に出て福岡空港から東京へ戻るのだ。土曜なので、開催終わったが小倉競馬場に行くという手もあったが嫁から熾烈な反対にあったため断念。折角フリー切符があるので『ゆふいんの森号』という特急に乗って博多を目指すことにしたのだ。

 別府から1時間強かけて湯布院に到着。しかし、来ているはずの『ゆふいんの森号』がまだ来ていない。どうやら、台風前日ながらシステムトラブルでダイヤが乱れているらしい…。出発予定時刻を15分ほど過ぎた頃、ようやく電車が到着した。

20060915120052

20060916131053

 『ゆふいんの森号』は4両編成で1両食堂車がある。といっても、テーブル席があるだけで、電車内で販売している弁当やドリンク、デザートなどが食べられるだけだが、内装は非常によかった。座席上の荷物棚も、飛行機のようなハッチ型の扉がついている。

 また、全車禁煙ではあるが上の写真のような喫煙所が設けられている。ただ、完全に透明ガラスで隔離されていて同時に入れるのは二人がいっぱいいっぱいだろう。喫煙者にとっては明らかに見せしめである。ただ、今はどこ行ってもそんな扱いなので慣れましたよ…。

 

 そうこうして、ようやく博多に到着。旅行前にすっかり福岡のことを調べるのを忘れていたため、飛行機の時間までどこに行こうか悩んでいたが、なかなか思いつかなかったし、3時間ほどしか時間もなかったので、折角?なので太宰府天満宮に行くことにした。

20060916162143

 これで何気に亀戸・湯島に続いて最後は大宰府で天神コンプリート。予定外だったのでまさか太宰府天満宮にお参りできようとは思いもしませんでした。

 夕方だったので、人もまばらかなとおもっておりましたが、土曜だったせいか参道にある仲見世もそれなりに盛況。まぁ、仲見世は帰りにゆっくり覗こうと本殿へ向かう。

20060916162942

 いやぁ、やっぱり大宰府といえば菅原道真公を祀った大元だけに、亀戸や湯島とは比べ物になりませんなぁ。先ほどの参道もそうだけど、格の違いを感じずにはいられませんでした。

 早速、5円玉を賽銭し、二礼二拍手一礼にてお参り。

 そういえば、いつもそうなのだが、どうも神社へお参りするときって、私はお願い事が出来ない。というのは、神社でお願いするときはだいたい二拍手目の合掌した時の状態をキープして皆さんお願いされると思うのだが、私の場合、つい間髪入れずに一礼してしまうのだ。まぁ、基本的に神道は合掌しないからおかしくないんだけどね。最後の一礼のときにお願いすればいいんだけど、それも忘れちゃうから結局ダメか(笑

 その後、交通安全のお守りをいただいて、参道を戻って仲見世をぶらぶら。名前は失念したが焼きまんじゅう(梅なんちゃら)も嫁と半分づついただいた。

 

 時間はちょっと早いが、かなり中途半端な時間になってしまったので、博多駅のロッカーに預けた荷物を拾って福岡空港へ向かったところで2泊3日の今年の旅もこれでおしまい。

 もちろん最後の土産のからし明太子は忘れずにね…。

 それにしても、今回の別府・由布院の旅は自分が思っていた以上によかったです。機会があればまた是非行きたいと思います。(完

« 【旅記4n5】別府・由布院の旅~フロとメシ | トップページ | 【MATSURI】秋祭開催中! »

旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【旅記4n5】別府・由布院の旅~@4n5、大宰府に流される:

« 【旅記4n5】別府・由布院の旅~フロとメシ | トップページ | 【MATSURI】秋祭開催中! »

twitterやってます