« 【鳳雛天翔】灘Sほか | トップページ | 【鳳雛天翔】3歳上500万下2鞍 »

【TARGET】IDMを外部指数として取り込む

 私は一応Mら~ながらも、JRDBにも入会しております。月1980円でいろんなデータを取得できることから入会したわけですが、JRDBにはオリジナルデータ対応のゴールドジェネレーター(以下GG)というソフトも現時点で無償公開されており、それを利用してデータを閲覧することができます。

 しかし、JRDB入会以前からTARGET frontier JV(以下タゲ)を利用していたこともあり、一時はGGとの二刀流で利用しておりましたが、サポート面含めても、どうもGGの使い勝手があまりよろしくありません。そんな訳でJRDBのデータはコメントデータ(成績拡張データ)のみをデータ加工して、タゲでも閲覧できるように取り込んで、予想や回顧に参考にしております。(以前はタゲ取り込み用のソフトがあったが、タゲのヴァージョンアップにより使えなくなっている状態。JRDBにも要望は出したが、GGがあるので非常に消極的…。)

 基本的にMで予想していると、各馬の能力の判断というのは非常に難しく感じることはないでしょうか。Mの法則自体が各馬の能力の順位を見極める予想とは全く異なるものなので仕方ないですが、実際のところ今井氏が競馬王で連載している予想着順では『格』という形で能力の高さを表現しているし、かつての弟子であった血統ビームの亀ちゃんも『ランク』という形で能力を表現しているように、何か能力のモノサシになるものが必要なのは明らかです。実際私も長いこと競馬をやっていて、条件戦、特に下級条件ほど能力のファクターが影響されるものはないと体感していたので、だいぶ前からタゲの『補正9指数』を各馬のモノサシに使っており、今もなお、重要な予想ファクターのひとつとして利用しております。

 話は戻りますが、JRDBのデータでも『IDM』という能力指数を提供しております。基本的にIDMは結果指数(レースの結果から算出された指数。タゲの補正9指数やいわゆる一般的なスピード指数もこれにあたる。)ですが、開催前日に公開される競走馬データ内で公開されるIDMは今走の為に調整されたもの、いわゆる予想指数にあたります。

 タゲでも昨年のいつからか、csv形式に加工されたデータを外部指数として取り込むことが可能となり、出馬表-TGXタブで閲覧できたり、レース検索機能でデータ解析できるようになりました。つまり、JRDB競走馬データを加工すれば、『IDM』をタゲで読み込むことが出来るということです。タゲのヘルプにも記載されておりますが、外部指数は予想指数であることが望ましいということなので、返って利用価値は高そうに思われます。

 そこで折角なので、IDMもタゲに取り込んで、モノサシに使えないものかと思い、試したところ、案外簡単に取り込むことが出来ました。ということで、蛸坊主さんとこのブログよろしく、IDMをタゲに取り込む方法なんぞ紹介したいと思います。(いうまでもないですが、JRDBに入会していないとデータを得ることは出来ませんよw)


 タゲにIDMを取り込むには、開催前日に公開されるJRDB競走馬データ(以下KYGデータ)をテキスト編集ソフトでいじって、タゲで定義された形のcsvファイルに作り直す必要があります。いろいろなテキスト編集ソフトがありますが、私が使っているのは『テキスト削り』というフリーソフトを使っています。このソフトですと、文字の削り落としや挿入が全行一括で出来るので非常に楽です。

 今回の場合、馬単位のcsvファイルに加工するのがKYGデータの構造からも非常に作業しやすいです。各行が1頭分のデータで、8桁(旧形式)か16桁(新形式)のレースID+馬番2桁+半角コンマ(,)+その馬の指数という形になるように、ダウンロードしたKYGデータを修正していきます。

①JRDBの会員専用サイトの個別データ内にあるKYGデータを、とりあえず任意の場所にダウンロードし解凍。解凍したデータを『テキスト削り』で開く。(データの仕様はこちらを参照)

 仕様をご覧いただいたとおり、KYGデータの最初の10桁は旧形式のレースID+馬番で、そのあとに血統登録番号と馬名、その次にIDMが来ています。つまり血統登録番号と馬名、IDMより後ろのデータを消して、IDMの前に半角コンマを放り込めばいい話です。

②[削除-桁削除]で11桁目から45文字分削除する設定をして、OKを押す。

20060705172403

 血統登録番号と馬名が削除されて、レースID+馬番のすぐ後ろにIDM以下のデータがきます。

20060705172454

③適当な行の馬番とIDMの間にカーソルをあわせ、[編集-指定位置で挿入-文字]で半角コンマ(,)を入力してOKを押す。

20060705172526

 ↑カーソルを合わせて…

20060705172557

20060705172616

 ↑半角コンマを入力すると…

20060705172702

 馬番とIDMの間に半角コンマが入ります。

④外部指数は基本的に整数でないと読み取れないようなので、IDMの小数点以下の全データを[削除-桁削除]から14列目から486文字分削除する設定をして、OKを押す。

20060705172720

⑤これでレースID+馬番,IDMとなったが、IDMが1桁のものがある場合、コンマとIDMの間に半角スペースがあるので、[削除-検索語句削除]から半角スペースを入力しOKを押す。

20060705172807

 データ内の半角スペースが削除され、これで外部指数用のデータ加工は終了。

⑥[ファイル-名前をつけて保存]から任意の場所に[任意のファイル名.csv]で保存する。

20060705173034

 あとはタゲの環境設定で、外部指数の設定を行っておく必要があります。なおファイル・パスの設定は内部変数対応なので以下のように開催日ごとにファイル保存しても問題ないです。(開催日ごとにファイルを作った方が検索が早いらしい。)

 私の場合はタゲのTXTフォルダ内にIDMフォルダを作り、さらに西暦毎にフォルダ作って、[IDMyymmdd.csv]の形で保存しています。

20060705173447

20060705173705

 ↑出馬表-TGX画面で閲覧できるようになる。


 長々と書きましたが、作業時間は1開催日あたり5分もかかりません。私は知識がないのでできませんが、プログラムやマクロの腕がある方は組んでみると半自動的にデータ加工できるのではないでしょうか。(つーか、できたら是非使わせてほすぃ…)

 また、レース検索でいろいろ調べたい方はあまり昔からやると廃人になりますwが、今年の頭ぐらいからなら、まだ7月なので根性でなんとかなるはずw

 ちなみにIDMを総合指数(IDM+調教指数+情報指数)の方にしてもいいですが、私個人の考えとしてはあくまでモノサシという意味ではIDMだけの方がいいと思います。

« 【鳳雛天翔】灘Sほか | トップページ | 【鳳雛天翔】3歳上500万下2鞍 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

はじめましてakiと申します。
現在のバージョンである5.66 Rev0.08でもIDMの取り込みは可能でしょうか?
実施してもできないもので・・・やり方が間違っているのか、できなくなっているのか
知りたいです。

>ななし様
ver558のrev006現在、可能ですよ。
10日目問題も無事クリアしてます。

ターゲットは頻繁にバージョンアップされています。2007年12月1日現在の最新バージョンでも、このやり方でIDMを取り入れることはできますか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【TARGET】IDMを外部指数として取り込む:

« 【鳳雛天翔】灘Sほか | トップページ | 【鳳雛天翔】3歳上500万下2鞍 »

twitterやってます