« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

今季初の新馬勝ち!

 今日(1/28)、4位指名のP馬エルブランコ(クロフネ×ブルーラスター/美浦・手塚厩舎)が東京ダート14で10頭中8頭目のデビューを果たした。しかも好位追走から抜け出し、今季初の新馬勝ちとなった。やった~~~♪

 これまでエルブランコは昨年末、そして先週と2回デビューをやり過ごしており、万全に乗り込んでのデビュー。ぼく馬メールでの調教評価も上々だっただけに期待しておりましたが、期待に応えての勝利を飾ってくれました。しかも、母ブルーラスターで半兄グラスボンバーも過去のP馬。言わば@4n5ゆかりの血統なわけで、嬉しさもひとしおです。

 これといった内容のないレースではありましたが、数少ない活躍馬候補になっただけにこれからも頑張ってもらいたいところです。

 その2レース前には、10位指名のクレヨンルージュ(フジキセキ×マハーブ/美浦・栗田厩舎)が5戦目となる未勝利戦(東京ダ16)に出走し、こちらは惜しくも届かずの2着に。同馬はデビュー以来勝ちきれないも、掲示板を外していない孝行娘であります。とはいっても、そろそろ勝ち上がってほしいところです。

 これで残すはボーンホルムとジェネチックコードの2頭。ジェネチックコードは数日入厩したことがあったのだが、ボーンホルムは音沙汰なし。デビューできるんだろうか?

 そういや、去年のP馬、母supamovaもどこいっちゃったのかねぇ~(謎

PSPデビュー

 先週、平安Sで結構儲けられた(嬉)←たまには自慢させて(汗

 折角のあぶく銭なので何か買ってやろうと思い、ついPSP(プレイステーションポータブル)を買ってみた。仮に4~50万儲かっていたら、VAIOのtypeT買ってたかもしれないが、20万ちょいどまりだったので、まぁ。これからの損失にも備えないとね(爆

DSC00178

 とはいっても、ゲームってより、PDA的に使えないかなということで購入したわけだが、一応無線LANにも対応しているし、ブラウザを使ってテキストファイルやHTMLも読めるので、結構『TARGET~』"EX_DATA"やHTMLで出力したデータなどをPSPで閲覧することも可能だ。というわけで、ゲームソフトは購入していない。

 まぁ、これで比較的充実した遠征・現場ライフが送れればと思っている。やっぱ、PC持って行くのってシンドイのよね…(^^;;

2005年香港の旅(3)~念願の香港競馬!

 ふぅ。それにしても、雪かきしている側から、どんどん雪が積もってくるので流石に嫌になってきます。しかも、返って雪かきしない方が通行者は滑りにくいというワナ…(汗

 さて、『MATSURI』の方にコラムをアップしました。長い間放置しておりました2005年香港の旅シリーズの完結篇になります。もしよろしければ。

 リンク張っただけではなんとなく物足りないので、画像でも張っておきますか。

初公開な@4n5の遠影w 九龍半島からビクトリア湾を望む

harver

馬にもチタン?!

 今しがたフジテレビの『スポルト!』を観ていたら、今、種目を超えて、いろいろなアスリートを中心に流行りになったチタンが織り込まれたアレがなんと、競馬界にも入ってきているそうだ。

 いわゆるチタンネックと呼ばれるものだが、多分騎手も使っていますよっていうことなのかなと思いながら番組を観ていたが、なんと馬に使っていると言う。「えっ、馬の首に巻いてるのか」と思いきや、なんとチタンを織り込んだ繊維を馬服として使用しているというのだ。

 使用しているのはシーザリオ、ハットトリック、カネヒキリと昨年大活躍の角井厩舎。特にカネヒキリは元々背中が弱かったらしく、元々ファイテン信者wだった担当厩務員さんがためしに使ってみたところ、以前に比べて背中の弱さを見せなくなってきたとのこと。また、角井師も、「この効果もあるだろうが、それ以上にそのスタッフの姿勢が成績に結びついたのではないか」と語っている。

 確かに目に見えた効果と言うのは見えにくいものなので、角井師が言っていることがストレートな意見だろう。実は私もファイテンのチタンネックを使用しているが、具体的に何が変わったと言うのはわからないが、確かに身に着けているときといないときでは、なんとなく首や肩の疲れが違う気がするのは実感して、わかる。

 何がどうこうということではないが、ともあれ馬にもチタンというのには意外っちゃ意外でした。

 でも、競走馬もアスリート。確かに使って当然だ。

バイオハザード4クリア

 先日購入したバイオハザード4ですが、ようやくクリアしました。ある意味ラスボスより、その後のモーターボートでの脱出イベントの方がてこずり、5度ほどコンティニューしましたが…(爆

 厳密に言うと、本編クリアしたのはおよそ1週間ほど前、謎の女スパイ・エイダ視点で描かれた、クリア後の特典シナリオ『ジ・アナザー・オーダー』を週末クリアした次第です。

 これから2週目になるわけですが、2週目からはそのまま武器も持ち越しな上に、クリア特典でさらに強力な武装(無限ロケットランチャーやシカゴタイプライターという名の無限マシンガン。ただ購入するのに100万…汗)を整えることが可能となります。2週目はある意味爽快感を得るためのゲームになりますが、間を空けてやらなくなる前に、やれる限りやってみたいと思います。

 とりあえずクリアしての感想ですが、今回のバイオハザードはなかなかの出来ではないでしょうか。個人的にはバイオハザード3と同クラスの出来、コードベロニカより上の出来かと。結構面白かったですよ。

もっと内側とおりなさいよ!

 今週はTIP★starsでも書きましたが、土曜の京都12が単340円だったとはいえ、会心の的中。さらに日曜は二の矢、三の矢を狙うべく、予想したのですが日曜は裏パーで、土曜の儲けを溶かしてしまいました…orz

 なんとなく年明けて、京都で感じるのが、どうも買う馬買う馬が外回りコース特有のワープコースを使ってくれないことでしょう。

 ワープコースというのは内回りと外回りが合流する4角地点、つまり外回りの内埒が消える場所のことです。そこの場所で最内を回った馬は一気に差を詰めることができますし、逆に逃げ馬が上手く立ち回れば一気に差を広げることができる場所でもあります。

 とにかく今日買った馬は悉く、前だろうが後ろだろうが、直線は中から外に出される形ばっかり。日経新春杯は向こう正面までは購入馬が1~4番手でそのままそのままなわけですが、トウカイなんざは楽に先手とれなかった影響もあったとはいえ、4角では前目にいながら外目に持ち出される始末。紅梅Sのユメノオーラにしたって、最内枠で枠なりに追走してれば自然に内つけるのに、渡辺ときたら、外に持ち出してるしねぇ…。

 どうも乗り切れていないときって、こんな感じなこと多いですなぁ。

 頼むよホントに……。

 以上、グチでした(爆)

ミスター&ミセス4n5?

 今日は仕事が休みになったので、嫁とアンジェリーナ・ジョリーとブラピができちゃった映画として話題になった『Mr&Mrsスミス』を見に行った。

 話の内容は避けるが、昨今、比較的考えさせられる映画がハヤリになっているが、この映画は真逆をいくような、何も考えないで楽しめる映画。エンターテイメントこそ映画だと思うので、これはこれでアリアリだろうし、なかなか面白かった。

 特にこの映画は倦怠期のカップルさんやら、夫婦には ニヤリ( ̄ー ̄)… っていう映画ではないだろうか。うちも5年なのでニヤリな映画でした。

バールバルバルバーロ♪

 TIP★starsの方では、新年早々、つたない予想を晒しておりますが(汗)改めましてあけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 新年ということで心機一転、ココログの既存のテンプレですが、雰囲気変えてみました…。っていうか、昔の中華風な雰囲気をここでは残しつつ……みたいな。


 さてさて。

 とうとう、とうとう、やりました~!

 わがP馬、3位指名のバルバロ(ブラックホーク×クラフティワイフ/美浦・国枝厩舎)がようやく未勝利勝ちで、我が陣営でようやく初勝利(汗)を挙げることができました。

 前走の中山芝マイルの未勝利戦が休み明けとはいえ、1.5差の13着というポカーンな内容だったので、なかばさじ投げだったのですが、流石はブラックホーク産駒というか、まとまり加減を活かして、芝→ダートでの一気の巻き返しでした。
 しかも、わずかクビ差の勝利ですが、勝ちは勝ち。今回が差し競馬を粘りこみ+惨敗から巻き返し+接戦と、次走はちょっと反動が心配ではありますが、馬体戻しての快走でもあり、次も入着できれば先も見えてきます。
 是非頑張ってもらいたいものです。

 この余勢をかって、月曜にはドラいち馬のギーニョが出走。
 ダートかと思いきや、芝18ってことで心配はありましたが、無論、バルバロ勝利で追い風を感じて期待しておりました。……が。


 1.0秒差の9着とはっ…

 
 ぐはっ!orz


 世の中そうは上手くいきませんな……。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

twitterやってます