« いざ香港へ | トップページ | 秋華賞の前走コメント »

2005年香港の旅(1)~ビクトリアピークへ

 遅くなりましたが、『いざ香港へ』でも報告したとおり、先月の9/6~9まで嫁と香港に行ってまいりました。そのときのことでも数回に分けて書いていきます。

 滞在先は数年前に行ったときと同じハイアットリージェンシー。九龍半島の中心地・尖沙咀(チムサァチョイ)にあるホテルです。

 ホテル自体、香港のメインストリート・ネイザンロードに面しており、地下鉄の駅からも近く、全日自由行動な今回の旅には最も適したホテルだ。ただ宿泊して初めて知ったのだが、どうやら年内で閉店するそう。リニューアルして新しいホテルになるのかどうかは不明だし、古いホテルなのでペニンシュラやマルコポーロなどの高級ホテルと比べると決してきれいとはいえないが、ちょっと残念ではある。

nathan

 左の写真は行ったこともある方ならわかるだろうが、尖沙咀のワトソンズ(日本で言うマツキヨみたいな店)がある交差点から香港島方面を向いて撮影したネイザンロード。夜に撮った方が香港っぽいのだが、取り忘れっす(汗)
 ちなみに右面沿にハイアットリージェンシーがある。


 今回の旅は空港からホテルまでも自らの脚でいくというもの(もちろん、徒歩ではないが)。
 到着ロビーに出ると、現地旅行代理店の方がいて、空港~九龍間の往復エキスプレスチケットと現地緊急連絡先を渡されておしまい。この時、円→HK$の両替もしてくれるのだが、やはり、あったばかりで人となりがわからんので1万円分のみ両替。後の祭りだが、レートはよかったようだ。銀行だと手数料分損する感じ。この段階ではどのぐらい使うかもわからんので仕方ないっていえば、仕方ない。

 ところで空港~ホテルまで自分の脚でいくというのは初めてならともかく、何回か行っているなら悪くない。むしろ、空港が新しくなって移転してからは中心地から離れたということに加え、旅行会社の送迎だと他の旅行客が泊まるホテルに立ち寄ったりと、結構な時間がかかったりするので、その無駄な時間がないのは非常にいい。


 さて、早速ホテルに到着しチェックインするも、案内された部屋が禁煙室というアクシデントがあるも(部屋自体変わると思い、荷物をもってフロントに移動し交渉するも、結局元いた禁煙室でも喫煙可能に…)、とりあえず荷物を置いてひと段落。その後、1日目の目的であるビクトリアピークを目指す。

 その前に、旅行会社からもらった1日地下鉄フリーパスを先に交換しておこうと、港沿いにある観光事務所へ。ちょうどそこには、九龍半島~香港島の往復船(スターフェリー)の乗り場があり、わざわざ地下鉄の駅まで戻るのも億劫だし、ちょうど香港島側の船着場が中環(セントラル)で、ビクトリアピーク登頂のトラム乗り場へのバス乗り場でもあるので、そのまま乗船し、中環を目指す。

 船は片道確か1.7HK$(約20円ちょい)。こりゃ安いが、1日目で小銭もあまりなく、二人で5HK$(約70円)の大盤振舞w
 船旅は約5分程だが、これも悪くない。ただ他のお客が悉くジモティなので、「運賃が運賃だからなぁ」と勝手に納得していたが、尖沙咀へ戻る船を見ると2階デッキに観光客が多く乗船している…。自船2階デッキへ行く階段があるか探したが見つからずじまい。2級客室だったようです…。


 中環に到着し、そこからまたバスに乗るのだが、やはり小銭不足。両替狙いで近くの菓子店でカルビーの釜あげポテトうすしお味wを購入。ビクトリアピーク登頂のトラム(ピークトラム)乗り場へのバス乗り場へ行くと貼り紙が1枚。
 どうやら、工事中でピークトラム運休中とのこと…orz

 ある意味、ビクトリアピークより、ピークトラム乗車の方がメインだっただけに軽くへこむも、バスでも頂上までいけるようなので、折角なのでバスでビクトリアピークを目指すことに。
 マイクロバスと2階立てバスがあるが、2階立てバスに乗車。無論、2階の先頭の座席をキープ。香港島の町並みを抜け、山道に入るとくねくね道だし、割と香港のドライバーは攻撃的なので飛ばす、飛ばす(汗)
 山道なので木の枝も道路に張り出しており、結構バスにぶつかりながら登っていく。前に座っていると、結構、ビビリます。

victoriapeak

 バスに揺られること40分ぐらいでしょうか。ようやくビクトリアピーク頂上に到着。頂上には、バスターミナルを併設したショッピングモールがありますが、この日はあいにく天候が悪く、雨が降ったりやんだり。景色を眺めようとショッピングモールの屋上デッキにでるも、やはり曇っていて、右の写真のように、あまり見えませんでした…orz

 まぁ、夜景が一番きれいといわれるところですから、夜来ないとダメかも。でも、個人で路線バスに揺られながら行くっていうのもねぇ…。ここにくるならオプションツアーが一番かも。


 ショッピングモールでウインドゥショッピングをしつつも、時間も18時。そろそろ戻ろうかということで、バスターミナルへ降りる。2階立てバス乗り場は本数も少ないこともあり人はほとんどいないが、マイクロバスの方は長蛇の列。時間もまだ早いので、銅鑼湾(コーズウェイベイ)にあるIKEA(安い家具・生活雑貨店)にでも寄ろうかということで、バスのタイミングもそんなに悪くないこともあり、銅鑼湾方面行きの2階立てバスを待つ。

 待っている間にマイクロバスは何本も出発し、長蛇の列も解消。中環行きの2階立てバスも行ってしまった。ところが銅鑼湾行きのバスは待てど暮らせどやってこない。
 やがて、バス会社の職員らしき人が通りかかり、「▼☆◎~♪□▲!!」と話しかけてきた。??…ポカーンとしていると、英語でどうやら「銅鑼湾行きのバスはこないよ」と言っている様子。時刻表をよく見てみると、星期七及祝日と書いてある。その下に小さく、SUNDAY & HOLIDAY ONLYとも書いてあるじゃぁ、あ~りませんか(古)


平日運休かよっ…orz


 星期七って、日曜のことなのね…。
 結局、マイクロバスで中環に戻ることにしたが、挙句の果てに中環までのマイクロバスでの所要時間は停留所の数も少ないこともあり、2階立てバスの半分の20分ほど


 なんか、非常に疲れたのでこの日はIKEAは諦めて、早々にホテルに引き揚げましたとさ。(続)

« いざ香港へ | トップページ | 秋華賞の前走コメント »

旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年香港の旅(1)~ビクトリアピークへ:

« いざ香港へ | トップページ | 秋華賞の前走コメント »

twitterやってます