« 総決算!POG2004-2005 | トップページ | 宝塚記念の前走コメント »

決定っ!POG2005-2006指名馬

去る6月11日22時より、弊サイトのチャットルーム【舌先三寸】において、Club CR杯 POG2005-2006のドラフトが行われました。前回同様『同一種牡馬は2頭まで』のルール、ドラフト順はチャットによるリアルタイムの『奇数指名順は昨シーズン順位下位、偶数指名順は昨シーズン順位上位からの変則ウェーバー方式』にて行われた。

前回の反省に続いて、今回はドラフトによって我が陣営に選ばれた10頭の精鋭?を紹介したい。



【第1位】ギーニョ(牝/栗東 池江郎)
父サンデーサイレンス
母フェアリードール(Nureyev)

ご存知トゥザヴィクトリーやサイレントディールの全妹。
2002-2003シーズンにサイレントディールを所有しており、それ以来フェアリードールの仔は出てこなかったので、久しぶりの産駒登場。しかもディールの活躍でそのシーズンは総合2位と、なかなかの内容だったことを考えれば、ディールの下だけは絶対に落とす訳にはいかず1位指名となった。無事に取れてほっとしている。

無論、まとまり系想定の能力爆発期待なのだが、無難な流れは阪神JF凡走からの折り返しの重賞制覇だろう。
現時点ではまだ入厩してない模様。


【第2位】メジロアレグレット(牝/美浦 大久保洋)
父アグネスタキオン
母メジロドーベル(メジロライアン)

最強牝馬の誉れ高いメジロドーベル。上にメジロヒラリー(父エルコンドルパサー)がいるが結局未出走のまま抹消。メジロドーベルの仔はまだ1度もターフを走っていないので、可能性は未知数だろう。
しかも、相手は新種牡馬アグネスタキオン。3歳引退のサンデー系は種牡馬として成功する絶対条件なので、今年アグネスタキオンは絶対に2頭とろうと思っていた。
その点からも、スペシャルウイークがケタ外れなのはいうまでもないが、個人的には没落は早いと見ているが…。

本来、サンデーを続けてとりたいところだったが、比較的ここまでの指名でサンデー枠使っている人が多そうで、ここでサンデー取らなくても良さそうだったし、名牝の仔は時間の問題でとられかねないので急遽予定を繰り上げて2位指名したのが奏功した。

すでに4月22日に入厩しており、週イチで入念に乗られているようで併せても遅れていないようなので今夏デビューは確実だろう。


【第3位】バルバロ(牡/美浦 国枝)
父ブラックホーク
母クラフティワイフ(Crafty Prospector)

スパイキュールの下。
スパイキュールから3年空けたのか、流産などアクシデントで空いたのか分からないが、空いたことで遺伝力回復していることを切に願う。
全体的に上はダートで活躍していたり晩成っぽさが匂わなくもないが、クズ馬を出さない母だし、5月25日に入厩しており坂路をやはり入念に乗られていることからもデビューは速そう。
父ブラックホークもちょっと晩成的ではあるが、中距離適性の種牡馬より短距離適性の種牡馬の方がスピード遺伝しやすい分活躍しやすいのではないだろうか。

Nureyev×Crafty Prospectorのまとまり配合ってのも個人的に好きな配合。なんとなくアグネスジェダイと被る雰囲気だが、それぐらい走ってくれれば御の字ではある。

ただ、こういったロマン系ってPOG永遠の負け組だよね~(泣)


【第4位】エルブランコ(牝/美浦 手塚)
父クロフネ
母ブルーラスター(Nureyev)

グラスボンバーの下で、同馬は2002-2003シーズンで所有していた馬。
母ブルーラスターはこれまで比較的POG期間中で数字を残している産駒を出しているのがいい。手塚厩舎も一昨年、半姉のフォトジェニー(父スペシャルウイーク)で新馬勝ち→クイーンC3着あり悪くないだろう。

今のところまだ入厩してない模様だが、あとは父クロフネがどんな形で出てくれるか楽しみでもある。クロフネも3歳引退組なので成功する要素は非常に大きいと思うんだけど…。


【第5位】ボーンホルム(牡/栗東 長浜)
父サンデーサイレンス
母デインスカヤ(Danehill)

今年皐月賞2着・ダービー3着のシックスセンスの全弟。
前回ここでも書いたが、昨シーズンは言わばタイミングの問題でとり損ねた(と思いたい)感じだったので、今年は是非取りたかった1頭だ。シックスセンスぐらい走ってくれれば言うことはないし、それ以上なら万々歳。最悪でもシックスセンスの上のノーブルフォースぐらいは走るだろう。入厩はこれからの模様。

そろそろ2頭目のサンデーも取っておかないとサンデー枠残しの人にとられる?ということでこの順位の指名にした。


【第6位】ジェネチックコード(牡/美浦 萩原)
父アグネスタキオン
母トリッキーコード(Lost Code)

ハットトリックの下で昨シーズン同馬はPOG期間終了間際に2連勝。他の兄はちょっと物足りない感じの馬が多いのが懸念材料。なんとか1勝を…という感じ。
今思えば何故にリスト入れたのか不明…。多分ハットトリックの下だからというだけだと思うが…。

本当ならエンドスウィープ牝馬の、母デアリングダンジグ(デアリングワールド)母アーネストデザイア(グッドバニラ)を取りたかったのだが、前者はあだ@さんに、後者はにしやんに取られてしまったので自然とこの馬に行き着いた感じである。


【第7位】チョウカイラッキー(牡/栗東 加藤敬)
父サクラバクシンオー
母ラッキーパイシーズ(Crafty Prospector)

アグネスジェダイ(父アグネスワールド)の下で、そこそこ走ってくれたので今年も母ラッキーパイシーズを、ということで指名した。今シーズンはバクシンオーに変わって芝適性出てくるのか、それとも芝では通用せずにダートに逃げるのか。


【第8位】ダンスオールナイト(牝/美浦 加藤征)
父エルコンドルパサー
母ダンスパートナー(サンデーサイレンス)

名牝ダンスパートナーの仔をこの順位でとれるとは思わなかったが、上のドリームパートナー(父エリシオ)から3年空けた?(空いた?)のはいいし、エリシオよりエルコンドルパサーの方が明らかに格上だろう
厩舎も社台の吉田総裁の憶えめでたい新進気鋭の加藤征厩舎というのも悪くないだろう。そろそろ結果を出す頃あいの厩舎。

4月にゲート試験を受け、5月7日にまた休養に入ったがこれは師の予定通りとのこと。夏の札幌に間に合わせたいということで、配合的にも量系っぽいので器さえあればポイントは稼いでくれそうだし、オークス母娘制覇のロマンも…。果たして?!


【第9位】パッサリン(牝/美浦 萩原)
父エンドスウィープ
母サンバデリオ(サンデーサイレンス)

先に書いたように、本当なら母デアリングダンジグか母アーネストデザイアを取りたかったが、取られたので仕方なく、あわてて見つけた馬を指名。
エンドスウィープといえば牝馬で2年連続G1馬を輩出したのはいうまでもないし、昨シーズンの変則2冠ラインクラフトは同馬と同じエンドスウィープ×サンデーの配合。他の馬でもこの配合なら皆確実に1勝はしてくれているのは非常に頼もしい。


【第10位】クレヨンルージュ(牝/美浦 栗田)
父フジキセキ
母マハーブ(Nureyev)

確か昨シーズンそこそこ評判あったような気がするリヴァイアサンの下。結局未出走でPOG期間終了に。まぁフジキセキ牝馬なんでそこそこは走ってくれれば、って感じ。

でも、栗田ってのが物足りないねぇ。




基本的に馬名決定馬中心にリスト作っていたので、全馬それで決められたのはよかった。特に今シーズンは全馬出走ボーナス(+3000P。全馬勝ちで更に+7000P)もあるので、とにかく走って欲しいところ。

ただ、ちょっと美浦組が揃い過ぎたのと牝馬重視になってしまったのが懸念だが、逆に牝馬はクラシック路線のってもおかしくない血統の馬も揃っているというか、揃えたつもりなのでそこに期待したい。

男馬の方はまぁ、脚を引っ張らない程度に…。

いずれにしても、まずは夏デビュー濃厚なメジロアレグレットとバルバロに好スタートかまして欲しいところっす。

« 総決算!POG2004-2005 | トップページ | 宝塚記念の前走コメント »

POG」カテゴリの記事

コメント

ういっすういっす。
「さっさと引退したサンデー牡馬は種牡馬で成功する」って、@4n5師匠に教わったネタで、スゲー参考にしてる(かなりの金言だと勝手に思っている)んだけど、「孫サンデーは2世代目ブレイクの法則」もあるんよね。ソレが気になってタキオンは見送りました。吉と出るか凶と出るか。無論、来年は「タキオン狙い」でいきますぜ。初年度がダメダメでも突っ張るつもり。鬼に笑われるネタですがまあ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決定っ!POG2005-2006指名馬:

« 総決算!POG2004-2005 | トップページ | 宝塚記念の前走コメント »

twitterやってます