« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »

2003年7月

M野佳境と予想バトル

大変遅くなりましたが、M野2第29ターン終了F現在の更新が終了しました。(とり急いだので間違えあればご報告ください>参加者各位)

残すところ今週が通常ターン最終週となったわけで長きにわたって繰り広げられた戦いもこれで終止符が打たれます。来週からはいよいよ王者決定戦-関が原決戦が行われるわけです。しかし事実上の決戦は今週最終ターンでの関が原進出を賭けた格勢力のつば競り合いといったところでしょうか?

いずれにしても、各勢力各参加者、知恵に知恵を絞り込んだ戦略が行われることでしょう。頑張りましょう♪


ところで、ついでといってはなんですが、予想バトルの前開催分の集計もアップしました。
7月開催の回収率トップ賞は3週目に一気にトップに立って、4週目もプラス収支だったTORAさんに決定♪おめでとうございます>TORAさん
惜しくも2位にはFS本紙こと私めが(笑)
3位には最終週の裏パーがたたって2位から転落してしまったあき~ごさんでした。

また通算回収率の方ではやはりあき~ごさんの最終週の裏パーが響いて回収率トップから陥落。新人氏が再びトップに立ち、差し返した格好となりました。

さて、地獄の7月の反省文。
ノルマ1足らずのづかくんですが、最終週に1つあてて回収に成功。従いまして7月の反省文は竜神さんとなりました。お忙しいと思いますがよろしくお願いします(謝)

ちなみにづかくんも逃れたとはいえ、宿題が1つ提出されてませんのでやはり忙しいでしょうが、よろしく~♪



以上、コラムとは言い難いコラムでした。(報告?)

風の中の昴

我が家毎年恒例の夏の旅行の行き先が決定しました。

我が家でも、昨今流行したSARSの影響を過分に受けております。今年こそは再度香港へ赴き香港競馬を楽しんでくる予定でしたが、時期的にすでに終息していることとはいえ、あえて旅行でリスクを負うのもどうかということで今年は国内で黒部越えの旅に出ることになりました。紅白で中島みゆきが唄った、あそこです。
コースとしては富山回りではなく長野回りで富山に抜けていくコースです。黒部越え前に長野の大町温泉郷で1泊。そこから黒部越えして、富山の宇奈月温泉で1泊といった感じ。2泊とも温泉場なのでノンビリしてきます。遠征ではない国内旅行はかなり久しぶりなだけに今から楽しみです。


さて、話はかわりますが昨日7月13日未明、義兄のところに元気なご長女が誕生いたしました。私からみると義理の姪っこができたことになります。この場を借りて、お祝い申し上げます。

ところで甥っこ・姪っこに義理とか義理じゃないとかあるんですかねぇ?

まぁ、いっか。

それにしても、名をつけるというのは人ごとながらも大変ですなぁ。画数など気にしないと言ってもわざわざ悪い画数でつけてあげることはないですからねぇ。ウチはまだ予定はないので、その苦労を体感することはできませんが、もしその時がきたら折角なら良い名前をつけてやりたいものです。

ところで、私、@4n5は画数気にする方だと思いますか?

多分、かなり気にすると思います、自分で。そうじゃなかったら、鳳雛天翔の壁紙はあんなのにしないだろう・・・(笑)


■お知らせ■
始末書コーナーにて、ラムダさんの6月分反省文アップ済みです♪
ご苦労様でした>ラムダさん

それと遅くなりましたが、3週目分のFS予想結果もアップ済みっす。
なお、じじさんの予想で狙い目が同日に2つあげられてましたので先に書き込まれた方を計算対象にしております。ご了承の程。

2億とショッカー

早くも水曜(というか木曜)にして、例の2億払戻話が風化しつつありますな。
それにしても、お見事の一言。実際当てたということもありますが、1222万ぶち込むその胆力に脱帽です。この投票がなければ実際はもっとクリスエスの単人気が際だっていたのでしょうし、ヒシミラクルの単人気ももっと低いものであったはず。「クリスエスで2倍残るなら・・・」でクリスエス単がより売れたのもあるでしょうし、逆にヒシミラクルなんかは、この投票さえなければ最低でも20倍以上の配当になったはずです。

結局のところ今年の宝塚記念はあのサラリーマン風の中年男性の一人勝ちって感じでしょう。宝塚記念とった人もとれなかった人もこの方にしてやられた格好かと思われます。
一度で良いから『自分だけが一人勝ち』みたいな馬券とってみたいですなぁ。


ところで単といえば、個人的なことで申し訳ないですが、最近は狙い目の単が好調。
昔からあまり単は買わない主義なのですが今年は特に調子に乗りきれないので流れ変えること込みで買っており、それが奏功している感じです。
で、買っているのはというと、懐かしい言葉でいうところのショッカーリミテッド系の馬が非常に好調のようで相変わらず侮れない臨戦です。この臨戦に血統を加味すると4大血統(ノーザン・ネイティヴ・ナスルーラ・ターントゥ)以外のいわゆるマイナーと呼ばれる血統の回収率の高さが際だち、次いでナスルーラ・ターントゥといった感じですが、勝率や連対率はさほど変わらないのだからそれだけおいしいということでしょう。ちなみにノーザン・ネイティヴは人気馬でないと苦しい感じでそれでも儲からないようです。

また調べて気づいたのが、短縮に関しては1人気の馬だけより3人気まで集計入れた方が回収率が上がるんです。
当たり前と言えば当たり前なのですが、これが延長となると1人気だけの方が回収率がいいですからね。この差というのは単勝買いの場合あとからジワジワ効いてくる差ではないかと。

今週もショッカーリミテッドな馬、出てくれることを切に願います。頼む~!

« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »

twitterやってます